一人暮らしの実母との昼食は聞き役に徹するべし

おとうさんが亡くなってから、母さんはうちで単身をしています。
「うら淋しいだろう」と願い何度か「一緒に住もうか?」と声をかけましたが、元気なうちは独自が気楽で良いとのことでした。
確かに私のほうも、坊やと男の肩入れで思い切りなので、年老いた母さんの肩入れを講じるすきもないのが正直だ。
私も一家や子育て、就労に忙しいので、どうも会いに出向くこともできないのですが、月に、何回か一人暮らしの母さんの話し相手と極力二人で昼めしをすることにしている。
何気ない日常の事柄や友達と会ったツイートなど、止まることなくどしどし話して行く母さんの組み合わせを見て「まったくパワフルですな」と感じながら聞いています。
大概、ツイート終わるとすっきりした様態で昼めしを食べだします。
毎度、母さんの話し相手代なのかわかりませんが、昼めしのキャッシュは母さんが支払ってくれる。
40歳を過ぎた私でも母さんにとっては少し息子なのでしょう。
そういった、母さんのやる気を察して毎度おごって下さい。